日帰り充実旅。安く賢く広島へ〜

会社の先輩と2人で行きました。休みが取れなかった関係で日帰り旅行となりました。博多から出発し往復新幹線を利用しました。博多ー広島の新幹線の切符は、こだま限定の安い切符を買って行きました。こだまなので新幹線各駅停車ではありますが、博多ー広島であればのぞみと30分程度しか変わらず、料金はかなり格安で行けるので選択しました。今回は好きな有名人のトークショーがありそのために行きました。到着後は会場まで市電などで移動し、2時間ほど鑑賞したあと広島駅に戻り、そこから宮島まで行きました。広島ー宮島口は在来線で20分ほどで移動し、その先宮島まではフェリーで10分ほどです。宮島着いた時にはもう夕方近くて薄暗い感じではありましたが、厳島神社の鳥居のライトアップも見れたのでラッキーでした。フェリーの時間の関係で宮島の滞在時間は30分ほどでしたが、鹿の写真を撮ったり牡蠣を食べたりして楽しめました。そこからまたフェリーで戻り、宮島口ー広島の電車を10分で乗り継ごうと考えていましたが、ホームまで間に合わず、電車を目の前で逃してしまいました。その時間に乗れていれば、美味しい生もみじ饅頭のお店にも行けた予定でしたが、泣く泣く断念しました。広島駅に戻ってから広島駅にあるお好み焼き屋さんでお好み焼きを食べました。1種にお好み焼きといっても種類が多くて海鮮などが選べ、広島お好み焼きは麺が入っているので麺の種類だったりと自分なりにカスタマイズして楽しみました。テーブルに置いてあるマヨネーズのキャップが野球帽になってて可愛かったです。さすが広島カープだと感じました。マヨネーズも2種類ほど置いてあってよかったです。周りを見渡すと外国人の観光客の方も多くいました。メニュー表は各言語で書いてあったりと対応されていました。カウンターキッチンで目の前で焼いてもらえるのを見ることが出来たので、本当に出来立てを食べることができました。視覚でも味覚でも美味しかったです。お土産など買っていたらあっという間に帰る新幹線の時間になり、20時過ぎの新幹線で帰りました。楽しめましたが、日帰りは少しバタバタするのと、帰りも新幹線こだまだったので、帰りは疲れた中、各駅停車の新幹線で帰るのは少し辛いなとおもいました。こだま切符は安いですが、日帰りではなく宿泊をする時に一緒に使ったほうが気持ちに余裕が持てるのかなとも思いました。生もみじ饅頭を買えなかった事だけが心残りです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ